CMは何の略か?

SageDays 109、夜は寝たので出られませんでしたが、(日本時間で)朝のセッションに出てます。
おもしろい。

twitter.com/guo_krystal/status

> Global Virtual SageDays 109 is tomorrow (depending on time zone)! It’s a 50 hour virtual event. I will be giving a talk about using ⁦sagemath in algebraic graph theory. Looking forward to it!

days109 - Sage Wiki wiki.sagemath.org/days109

だそうです!

数学のMastodon、その名もMathtodonはまだまだ続きます。

マストドン「mstdn.jp」、6月30日に終了 「中傷に対する法制強化に対応できない」 - ITmedia NEWS itmedia.co.jp/news/articles/20

おお〜〜〜
エニグマは昨年度レィエフスキのやり方を解説してもらって勉強したのでちょっとわかる〜〜〜!

昔、エニグマ解読を分析した時にもSageは役に立ちました。自分が好きなグラフ理論の分野だと色々と調べられたんですが、そのほかの分野(例えば整数論)でどう遊べばいいのか、取っ掛かりが???
「アラン・チューリングのエニグマ暗号機 解読方法」
docs.google.com/document/d/1rg

Sageが何ができるかというのはSageのプロジェクトはなんのためにやっているのかみたいなところを読むといいと思います。

mathtod.online/@MageManager/10

ちなみに去年のPyCon mini Hiroshima 2019 で Sage の紹介をしたスライドにも書いておきました。< SageMathで数学の力を上げます PyCon mini Hiroshima 2019 / Enlarge your ability of mathematics with SageMath - Speaker Deck speakerdeck.com/nyoho/enlarge-

寝坊するには一日の朝は短過ぎる

へーこれかー

エタールコホモロジーのための前菜 第1巻 絶対ガロア群とエタール射の性質 | Projective X |本 | 通販 | Amazon amazon.co.jp/dp/4873100240

$H^i_{et}(X, F)$ を定義するための準備として、エタール射のことが学べるとのこと。

「エタールコホモロジーのための前菜 第1巻 絶対ガロア群とエタール射の性質」が到着。
うっす!
定価見たら、販売価格たっか!
中身... 濃っゆ!

\[
\frac{1}{x^2}+\frac{1}{y^2}=\frac{1}{z^2}
\]をみたす自然数の組を決定する話を書きました。
corollary2525.hatenablog.com/e

ただ差集合一発なのがうれしいです。集合としての差が知りたいだけなのに、いちいち配列の要素を一つ一つ for や each でまわしてリストアップしていくのを手で書くのはめんどうですもんね〜! ✌🏼

Show thread

個人的に集合クラスを何に使っているか例を紹介します。

集合クラス(なりなんなり)は、差集合を求めるのに使うと便利です。

集合クラス(なりなんなり)がないと、2つの配列を比べながらあるものを除いていくという繰り返し作業を手で書かないといけなかったりします。

具体的には、もう何年も動かしているフォロワの増減監視システムがあります。

時刻を $i=0,1,2,\ldots$ で離散的に表すとして、時刻 $i$ での僕の Twitter フォロワの集合を $F_i$ とします。

そうすると差集合 $F_i \setminus F_{i-1}$ が時刻 $i-1$ から $i$ までの間に新たにフォロウしてくれたアカウントの集合とわかります。

さらに反対の $F_{i-1} \setminus F_i$ を求めることで、その間にフォロウを外したアカウントがわかります。

僕はこれを1時間に何回か定期的に動かすことで何年もフォロワの増減を監視しています。

再びPythonです。add() を使って要素を追加したところです。既にある要素なので追加しようとしても変わりません。これが配列だと普通は末尾に追加されます。

Show thread

Pythonのsetは集合なので array と比べるといいかもしれません。
array (配列) は、例えば [ 1, 1, 2, 1, 3 ] というのは長さ $5$ の配列です。

集合としては { 1, 1, 2, 1, 3 } というのは { 1, 2, 3 }です。

和集合や共通部分も集合なのでこんな感じでできます。

どんなときも数学ダジャレにしてしまうというライフハック

過疎っている……?

かそ、かそ、……

仮想対象か! (virtual objects)

弊社のテレワークにおけるすべての非自明な案件の実務は期限までに $1/2$ ぐらい片付くだろう

_人人人人人人人人人人_
> サラリーマン予想 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.