へえ〜ロビンソン算術というのがあるのか

> 数理論理学においてロビンソン算術(英: Robinson arithmetic)あるいは $\mathbf{Q}$ とはペアノ算術($\mathbf{PA}$)の有限部分理論であり、Robinson (1950)において最初に導入された。$\mathbf{Q}$は本質的には$\mathbf{PA}$から帰納法の公理図式を取り除いたものである。それゆえ$\mathbf{Q}$は$\mathbf{PA}$よりも弱いが同一の言語を持つ不完全な理論である。$\mathbf{Q}$は重要かつ興味深い対象である。というのも$\mathbf{Q}$は本質的決定不能かつ有限公理化可能な$\mathbf{PA}$の部分理論だからである。

ロビンソン算術 - Wikipedia ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A

Follow

Wikipediaのこの記事からは、ロビンソン算術で可換性についてのことはよくわからなかった。

· · Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.