$\mathscr{N}_{yoho}$ is a user on mathtod.online. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

$\mathscr{N}_{yoho}$ @Nyoho@mathtod.online

これこれ僕これやりたかったんですよずっと! < 正信頼度データからの機械学習 | 理化学研究所 riken.jp/pr/press/2018/2018112

2値分類という機械学習の問題で、2値を正負とすると、正の正解データしかない状態で(負の正解データがない)、ちゃんと学習ができるような手法を開発されたとのこと。
この研究者の一人の杉山将さんはあの本の杉山将さんですよね。

ずっとやりたかったというのは、ようするにファボです。
ふぁぼってあるツイートのリストはある。これからふぁぼりたいであろうツイートのおすすめがしたいと思っていたんですが、「絶対ふぁぼらんわこれは」リストがないと難しかった。これが突破できるわけですよね。最高〜! やってみよう〜〜〜

> 勤労感謝の日?
> いいや、圏論関手の日だね!

吹いた

これは便利ですね。 Tikz editor < tikzcd-editor tikzcd.yichuanshen.de/

今はパンルヴェ方程式とか有限オートマトンとかの話が行われているっぽいです

kansaimath.tenasaku.com/?page_

とりあえず基本亜群という言葉が見えたので基本亜群をググりました。

会場なうの人が増えてきているようです

今日明日(2018/10/27-28)は「第11回関西すうがく徒のつどい」

kansaimath.tenasaku.com/?page_

だそうです。
僕は残念ながら参加できませんが、Twitter では で実況が行われるようです。

べ、別に Mathtodon も実況に使ってくれてもいいんだからねっ

おお日本時間だと今日10/22の23:30じゃわ。起きとったら見てみよう。

Twitterで知りました。
今年のフィールズ賞受賞者で輸送最適化が御専門のAlessio Figalli氏による一般向け講演。
YouTubeで。
Honorary lecture by Alessio Figalli - live streaming on 22 October 2018
ethz.ch/en/news-and-events/eve

Cadabra

twitter.com/_kmt46/status/1051

> 面倒なワイルテンソルの恒等式の計算も一瞬。

とのこと

Cadabra: a field-theory motivated approach to computer algebra cadabra.science/

わーい三乗根にょほう三乗根大好き

なるほどわからん。森先生とか出てきた(コナミ環)

🔗 Titans of Mathematics Clash Over Epic Proof of ABC Conjecture | Quanta Magazine quantamagazine.org/titans-of-m

以前作成した不思議式で、$1$ 以外の任意の差を作れるようにしてみました(*>_<*)ノ

\begin{align}
&\sqrt[3]{n\sqrt{8n-3a^2}+(3an-a^3)}-\sqrt[3]{n\sqrt{8n-3a^2}-(3an-a^3)}\\
=&\frac{\sqrt{8n-3a^2}+a}2-\frac{\sqrt{8n-3a^2}-a}2\\
=&a
\end{align}
これにより、
・$a=1$,$n=1$ : $\sqrt[3]{\sqrt5+2}-\sqrt[3]{\sqrt5-2}=1$
・$a=2$,$n=3$ : $\sqrt[3]{6\sqrt3+10}-\sqrt[3]{6\sqrt3-10}=2$
などの面白い計算式を作れます。

特に $a=1$ のときは式全体を三乗しても三乗しても同じ式になる
マトリョーシカのような計算を楽しめ(?)ますよ。

金曜日は『数学ガールの秘密ノート』の日。最新回は一週間無料で読めます。ブーストもよろしくです!
「群とシンメトリー」第5章 第239回 第239回 群の働き(前編)
bit.ly/girlnote239 mathtod.online/media/RGr4j-nAa

こんなの作りました

mathmathniconico.github.io/Con

皆もGitHubを使って数学サイト作ろうぜ

おお! 十六元数の乗積表まで書いてあった。

四次元回転イメージと多元数の乗積表 - arith blog arith.hatenablog.com/entry/201

このあたりは、拙ブログに詳しく書いてますので参照いただければ幸いです☆

四次元回転イメージと多元数の乗積表
arith.hatenablog.com/entry/201

@mathmathniconico
ちなみに、
[1 (2:10)';2:10 Matrix(I,9,9)]
または
[1 (2:10)'
2:10 Matrix(I,9,9)]
とか書くと

$$
\begin{pmatrix}
1&2&3&\dots&10\\
2&1& & & \\
3& &1& &\smash{\llap{\Huge{0}}}\\
\vdots& & &\ddots& \\
10&\smash{\rlap{\Huge{0}}}& & &1
\end{pmatrix}
$$

となります(半分$\TeX$で行列にでっかい`0`を埋め込む練習したかっただけw)。

このときは `hvcat()` という hcat と vcat 両方の機能を持つ関数呼び出しと等価になります。仰る通りよくある行列の書式(例:[1 2;3 4])も内部的に `hvcat((2,2),1,2,3,4)` みたいに解釈されています。