数学の解説PDFがたくさんある。 < もちもちモチーフ asuka-math.amebaownd.com/

GAN のさきがけ DCGAN は discriminator $D$, generator $G$ という2つの関数を敵対させながら生成していくニューラルネットワークです。

$G$は乱数を入力にしてベクトルを生成します。

$D$は入力がベクトルで、本物のベクトルなのか $G$ が生成したベクトルなのかを見分ける関数です。

関数が戦うのが面白いです。

深層学習の中でも2014年から結構流行っているGANというのを使って

「見た目」

を予想するものを作りました。

テキスト情報や文字情報から予想するものはここ1年ぐらいでいくつか目にしましたが、見た目に注目したものを見たことがなかったので(あったらサーセン)実験してみました。

また、元号の順序の情報とか入っていないので、そういうのをやっても面白いと思いますが、わしにはもう時間が……

あとこれは、今までの元号っぽいのしか出てこないので、逆に今までにない見た目の漢字になる場合は使えないことになります。

というわけで新元号を機械学習で予想してみましたー!

ディープ・ラーニングで新元号予想してみた: GengoAN — 元号のGAN — - ワタタツの日記!(2019-03-31) nyoho.jp/diary/?date=20190331#

Preprintを公開した.
arxiv.org/abs/1603.00959
Cover Letterを書きながら暫く様子を見る.

メインを$p$-Sylow部分群と(Price方程式が一般化されるべき)Riemann-Hurwitzの公式による$p, l, g$の定義にし, 残りの部分はここで新しく提案した$s, w$の解析によるそれらの正当化に当てている. $\Re(s) = 2$を境にしてそれより上が上位階層の数論的力学系のフラクタルの世界(近似的にはWeylのPaddelbewegungみたいな挙動をする), 下が下位階層のカオス力学系の世界になっている.

さらに進化して
$$\cos^2(x)+\cosh^2(x)-\frac{(1-x)^{x-1}}{(1+x)^{1+x}} -\frac{\exp(2x\arctan(x))}{1+x^2}=\frac{34x^{12}}{8505}+O(x^{16})$$になりました・・・
作り方は昨日のトゥートと、$\cosh$を使っているところから想像してください・・・

昨日のマクローリンの進化版と作成過程
$x\sim 0$で
$$\sin(x)\sim x$$$2$乗して$1$から引いて逆数に
$$\frac{1}{1-\sin^2(x)}\sim \frac{1}{1-x^2}$$積分して$2$倍
$$2\tan(x)\sim \log(1+x)-\log(1-x)$$積分して$-1$倍
$$\log\cos^2(x)\sim \log\frac{(1-x)^{x-1}}{(1+x)^{1+x}}$$対数を消すと
$$\cos^2(x)\sim \frac{(1-x)^{x-1}}{(1+x)^{1+x}}$$この時点で$\cos^2(x)-\frac{(1-x)^{x-1}}{(1+x)^{1+x}}$のべき級数は$5$次の項まで$0$になってる。$6$次の項の$\frac{x^6}{45}$をさらに引くと・・・
$$\cos^2(x)-\frac{(1-x)^{x-1}}{(1+x)^{1+x}}-\frac{x^6}{45}=\frac{43x^{10}}{14175}+O(x^{12})$$うわああああああああああああああああああああああ

ひょー$8$次でやっと 0.015 ぐらい出てくるのかー。

$x=0$のまわりはほとんどべったり0ですね。

mathtod.online/@Sun_Pillar/101

問題
$$\cos^3(x)\exp\Big(\frac{x⁴+6x²}{12}\Big)-\frac{(1-x)^{x-1}}{(x+1)^{x+1}}$$を$7$次の項までマクローリン展開せよ.

「うげぇ・・・計算面倒くせぇ・・・地道にやるか・・・」

~数時間後~

「やっとできた・・・えっ、これって・・・うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

解答
$$0+0x+0x^2+0x^3+0x^4+0x^5+0x^6+0x^7$$

超絶どうでもいい画像ですけど、直近の素数日付のリストです。

@mathmathniconico 確かに! テクノロジの力でもうなんとかできそうですね。

Show more
Mathtodon

Post mathematical formulae on Mathtodon. / 数式が書けるSNS、ついに登場。

This is a Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with mathematical formulae in TeX/LaTeX style. Let's enjoy mathematical talks, mathematical discussions, and mathematical jokes in Mathtodon! Please join us!

数式が書けるMastodon、その名もMathtodonです! (˃̵ᴗ˂̵ ζ) 数式は TeX, LaTeX 形式です。数学の情報発信や数学の議論や数学ギャグの投稿など、様々に楽しみましょう〜!

Donation / ご寄付について

Thankfully I'm getting many inquiries about donation. Although I of course spend some amount of my pocket money such as server fee and domain fee, I think that using your brains to create a gentle world of mathematics is very valuable and is the best donation. If you still want to make a donation, please use here 1BBUzdCuTRavJ5cjwAg6CoJrowDZfFTSgn (Bitcoin).

ありがたくも「寄付はどうすればいい?」というお言葉を数多くいただいています。 もちろんサーバ代・ドメイン代などポケット予算より費やしておりますが、今はそれよりも「数学が好きな人の集まる優しい世界」を構築することに、皆様の頭脳と貴重な時間とほんの少しずつ分けていただければそれが最高の donation だと思います。(←決まった!)

それでもなお donation をお考えという奇特な方は、 1AhmL4t7aqgQzs4ZG1PPcS2uY8Bz39DRQv (Bitcoin) か、あるいはAmazonの謎のリンクをご覧ください。