Pinned toot

私がAsciiDocを使い始めた切っ掛けは,行内・別行数式を記述する選択肢が公式に3つも用意されていることだった。
asciidoc.org/userguide.html#X7
そして今,↑これ以上に重要な理由がDocBook XMLとの高い親和性。
AsciiDocの構文はDocBookを念頭に置いて設計されているので,ほとんど情報を損失せずにDocBookに変換できる。そしてDocBookで定義されている学術系文書に有用な情報記述子(例えば参考文献や数式など)がAsciiDocの構文として扱える。
asciidoctor.org/docs/convert-d

Pinned toot

ありきたりなギリシア文字ってな~んだ 

β

Pinned toot

MathJaxがXML木構造を破壊して,DOM操作を困難にする,っていう話,これ今でもそうなんかな。

twitter.com/i/events/856781928

Pinned toot

この記号→∯って,単なる面積分じゃなくて「閉面積分」にしか使えないっぽいな……。
一般の面積分を表わす記号はないだろうか。
\[
\int_S
\]
↑これくらいかなぁ……。

Pinned toot

WikimediaのBabelみたいに,「わたしは〜語を母国語とし,〜語をある程度使えます」という情報を共通の形式で表現する方法ってなにかあるのかな。

これかぁ。やっぱ全然記法がちげーじゃん

boosted

正直,「<文字列のバイト数>:<文字列本体>」うんぬんの原典を失念しているので,実は全然違う記法だったっていう可能性が大いにある。

マストドン日本語ウィキ,ノリが寒すぎることがあって嫌い。

↓これの概要とか酷い。まあ,ページIDを見る限り最初期に書かれたページみたいだし,内輪ノリを引き摺ってたんかな。
ja.mstdn.wiki/index.php?curid=

ていうかこれ言い出したら「文字列のバイト数」にあたる部分の整形性(絶対に正しいバイト数であること)が保証されてないといけない訳で,もともとは,文字列を読み込み始めたときに,その文字列が型通りに終わるのかどうか保証出来ない言語でやろうとしてるんだから,どうしようもないね。

boosted

@cmplstofB@mathtod.online 文字列のバイト数を示す文字列の中身に:を示すバイト列が含まれたらどうすんだと言う問題あるでしょ

> 焦がしにんにくのマー油と葱油が香るザ★チャーハン600gとは、味の素株式会社から発売されている冷凍食品[1]。また、それから派生したインターネットミーム・コピペ。

この文章だけでもう面白い。

ja.mstdn.wiki/index.php?curid=

なんかどっかで
「<文字列本体>\0」に代わる記法として「<文字列のバイト数>:<文字列本体>」みたいなのが提案されてたような気がしたけど,今探しても見付からない。知名度低いっていうか利点がなかったんかな。

Core2からならほぼ確実にCore i$x$で64bit OS動きますね。ありがとうございます。

Intel Core iなんちゃらのCPUって,基本的に64bit OS入れてもOK?

調べ方も分からない。Intelのサイトに入ったけど,CPUの型番と対応OSのBit数の一覧,みたいなのが探せない。

EXIがW3Cによって策定されているので、事実上すべてのXMLがバイナリ形式になり得る(暴論

boosted

canonicalな具象構文がXMLでなければXMLにシリアライズできること自体は悪くないと思うけれど。

Show thread

canonicalな具象構文ってどういう意味だ……?

全部可視文字の手書きPDFの例↓
これはなんとpdftexで組版すると全く同じ内容のPDFが出力されるQuine。

zrbabbler.hatenablog.com/entry

PDFって一応全部可視文字列でも記述できたと思うけど。
PDFのバイナリ部分って要は本文にあたる部分がgzipだったり他の圧縮をくらってるところだから,本文部分を無圧縮で書けばバイナリを無くせる。
まあ,暗号化PDFとかになると話は別だろうが。

RDFもめっちゃ好きな概念なんだけどな。
実際,e-mailの署名はTurtleで書いてるくらいには。

Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.