ん,これとんでもないことに気が付いた。
なんか勝手に\require{enclose}しなくても\encloseコマンドが使えてるなぁと思っていたら,これMathtodon全体で一つのWeb pageと数えられているから,「今読み込まれている発言のどこかで\require{enclose}が宣言されていれば\encloseコマンドが使えるようになる」というアレな仕様。
そうだよな,MathJaxはSNSみたいな発言が細かく幾つも分離したり,多数の人間が同時に読み込まれるWeb page上に書き込む,なんていう事態を想定していない訳だ。
これ\defとかでいたずらできそう。

単独でも適切に描画できるように\require{enclose}宣言を追加し,また文字数をさらに削減。
ワトソン氏の教えのおかげでLaTeXマクロ部分(非CSS)の数値・単位はマクロ定義内に収めることができたので,一層の省字が実現できた。(一文字のマクロ引数は波括弧で囲う必要がないという仕様も利用できるようになった)

\[\require{enclose}\def\nl#1#2#3#4{\style{display:inline-block;transform:scale(1.1,1.3)rotate(#1)}{\enclose{circle}{\phantom{x}}}\mskip-#2 mu{\small #3}\mskip#4 mu}\begin{array}c\Huge終\\[-1ex]著作・制作\\\hline\nl{-40deg}{16}N7\nl{40deg}{20}H2\nl{-40deg}{15}K0\end{array}\]

269文字,この辺りが下限だと思われる。
(なにやってるんだろう私……)

Show thread
Follow

\[\require{enclose}\def\tx#1{\style{font-family:inherit;font-weight:bold;text-shadow: 0 0 8px black}{\text{#1}}}\def\nl#1#2#3#4{\style{display:inline-block;transform:scale(1.1,1.3)rotate(#1)}{\enclose{circle}{\phantom{x}}}\mskip-#2 mu{\style{font-family:inherit;font-weight:bold;font-style:oblique;text-shadow: 0 0 8px black}{\sf\Tiny #3}}\mskip#4 mu}\begin{array}c\Huge\tx終\\[-1ex]\!\tx{制作・著作}\!\\\hline\!\!\nl{-40deg}{13}N9\nl{20deg}{17}H5\nl{-40deg}{13}K0\end{array}\]

Sign in to participate in the conversation
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.