Follow

「頻度論 vs. ベイジアン」という発想はベイズ統計の仕組みが数学的によくわかっていない暗黒時代の遺物。

赤池弘次さんは数学的仕組みが十分にわかっていない時代から、「頻度論vs.ベイズ主義」という図式自体が不毛だと言っていた。

ismrepo.ism.ac.jp/?action=page

この辺についてクリアでない「確率の哲学」も遺物として捨て去って良いと思う。

Sign in to participate in the conversation
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.