五味斎 boosted

小惑星 27日に地球へ記録的接近

news.yahoo.co.jp/pickup/645184

おぉすげえ、しょう●くせいが近づいてくる!

固体の内核は、液体の外核の中に浮いて(沈んで?)いるので、その外側にある固体のマントル(や地表)とは異なる速度で回っていても不思議じゃないというのは、解説記事で書かれているとおりです。ただその一方で、内核は東半球と西半球で構造が異なるという観測事実も存在しています。地球の内核は、10億年ぐらいの時間スケールで現在のサイズまで成長しているので、東西の非対称もそれぐらいの時間スケールで作られただろうと思います。この内核の東西非対称を説明しようと思うと、マントルの底の温度分布に影響されていると考えるのが最もシンプルです。なのですが、この10億年という時間よりもはるかに早い時間スケールで、内核がクルクル回転していまうと、内核の中の構造が非対称性を持たない均一なものになってしまうはずです。今回の論文は(まだ読んでないわけですが)、内核の回転がマントル(や地表)とずれ始めたら、そのずれが大きくなる前に引き戻すなんらかのメカニズムがあるみたいな話だと都合がいいな…と思いました。

Show thread

内核が逆回転を始めたという論文の件。

地球の内核、逆回転し始めた可能性 英科学誌に論文
afpbb.com/articles/-/3448384

元論文
Multidecadal variation of the Earth's inner-core rotation
nature.com/articles/s41561-022

五味斎 boosted

地球の内核、逆回転し始めたかも
natureasia.com/ja-jp/ngeo/pr-h

まぁ数理モデルに間違いのある可能性もあるようなので、果たして…

\(\require{mhchem}\)鉄ケイ素合金(FeSi)の状態方程式のプレプリントを投稿しました。

Yoshihiro Nagaya, Hitoshi Gomi, Kenji Ohta, Kei Hirose
Equations of state for B2 and bcc \(\ce{Fe_{1-x}Si_{x}}\)
doi.org/10.22541/essoar.167397

deeplに用語集の機能が付いたおかげで、英語論文の日本語訳が今まで以上に自然な感じになってる…。

五味斎 boosted

速報(やっと情報解禁)Juliaの本を書きました!3/15発売予定です!
↓Amazonまだ空のページができた段階
amazon.co.jp/dp/4297133504/

A罫のノートを買うつもりが、間違えてB罫のノートを買ってしまった…。

以前にも同じことをやらかして試しにB罫のノートを使ってみたことがあるのですが、普段慣れている行の幅よりもちょっと狭いだけで全然使い勝手が異なる事に気づいて使用をやめた記憶があります。

どうして同じミスを…

twitterに流れてきたので後で読む

ジントル相:イオン結合とも共有結合とも金属結合とも異なる物質たち
solid-mater.com/entry/zintl

自分のリプで作ったスレッド、正しく表示されないというか、読み込みに時間がかかるようになった気がしますね…。

五味斎 boosted

返信が正しく表示されてない気がする

以前:トゥートをクリックすると返信が下に表示される

現在:表示されない、あるいは表示までかなり時間がかかる(セルフリプライだとなる?)

下の日付をクリックすると別タブですぐに表示されるが

知り合いの研究者に、普通に色弱の方がいるので、本当は視覚障害用にすべきなんですが…>BT

Show thread
五味斎 boosted

グラフの色使いは色覚障害用にしてセンスの無さを封殺

B2構造とかの結晶構造の命名法は Strukturbericht designation というらしいことを知りました。

結晶構造の分類と表記法
jstage.jst.go.jp/article/kenbi

あまり良いことではないのかもしれないですが + と ● を両方プロットする場合には、言外の意図を含ませることもあったりなかったり。
先行研究の中でも、割と新しい信用できそうなデータは ● でプロットして、1950年代の論文から引用してきたようなのは + でプロットしたり…。
まあ、大事なデータのほうが目立つようにした方がいいですよね…。

Show thread

gnuplot だと ● や ■ より ◆ がだいぶ小さく描画されるので ◆ をプロットするときには、やや大きめに調整することもあります。
が、面倒くさいので、そのままで済むならそのまま通したい…。 >BT

Show thread
五味斎 boosted

記号の形はどうしても種類ごとに変えないといけないから,せめて各記号が占める面積を同じにするとまだマシかもしれない。
+をかなり大きくして,●は小さめに描画する,みたいな。

あまりよくないのですが、シンボルの形の違いによって受ける印象が違いますよね…。
実験点をプロットするとき ● でプロットするのと + でプロットするのでは、目立ち具合も全然違いますし。これらが混在していれば、なおさら。

Show thread

シンボルの種類も何とかならないかなぁ…

線が細い印象のシンボルは + × * の3種類ぐらい。filled symbolとopen symbolが使い分けられるのは ● ■ ◆ とか。
▲みたいに回転すると形が変わるのはあんまり好きじゃないです…上限・下限みたいな意味づけを積極的にするのでない限り…。

Show thread

グラフの色設定、センスがないのでどうすれば良いのか悩ましいです…。

gnuplotのデフォルトの色設定だと、使う色が少ないとなんか微妙…。2色しか使わないと紫と緑になるので。

その一方で、昔デフォルトだった色設定だとどぎついんですよね…。

ss.scphys.kyoto-u.ac.jp/person

Show older
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.