Follow

統計的推論を巡る論争が何かを知らないのでふわっとした議論すらできないけど、とりあえず自分の認識を述べると次のようになる。たぶん色々と間違ってると思うが。

今ある教科書の内容は「統計モデルの理論」であり、本来統計学でやりたかったこと、あるいは統計学を学びたい人の動機とは大きくずれていると思う。もちろんモデルを知ることは大事だし、そこで得られる定理を元に統計的処理を行おうというのは、そうせざるを得なかったという意味で意義のあることだと思う。

じゃあ本当にやりたかったことは何かというと、統計学者は与えられたデータから色々とモデルを作るわけだけど、そのモデル自体の評価ができなかった。もっともらしい(正しいとは言ってない)モデルを選ぶために、何らかの客観的基準を与えることが、統計学でやりたいことだった。

最近、それもここ数年でようやく道具が揃い始めて、色々と計算ができるようになってきた。理論的に難しい部分もあり簡単なことではないと思うが、これからの「統計」では、こういった部分の解説に主眼を置いてはくれまいか。

という個人的希望

Sign in to participate in the conversation
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.