Show more
表示名 boosted

統計的推論を巡る論争というと、私の聞いてる話では、

- いわゆるp値ハックなどの実務上の問題
- 統計的な検定をしただけでは効果の大きさまではわからないので、区間推定とかeffect sizeをちゃんと図りましょうという話
- 統計的検定や区間推定はそもそも誤謬推理だよという議論

さらに最後の立場は、だからベイズ的に議論すべきだよ、という立場とベイズ統計学も先験分布を仮定しなくてはいけないけどそんなものは決められないので、結局、統計的な推論は全部意味がないよ、という立場があるという話。

Basic and Applied Social Psychologyという雑誌が統計的な検定や区間推定を禁止したことから有名になりました。

私も実務でちょっと統計を使い始めたので勉強したくらいですが…

全然関係ないけど、任意の有限群は、ある連結3正則グラフの自己同型群に同型らしい。すごくね。

んー何を言いたいのか良く分からない文章だ。まぁSNSに書くことなんてそんなもんか。

確率統計が理解できなかった者の僻みだと思って下さい。

統計的推論を巡る論争が何かを知らないのでふわっとした議論すらできないけど、とりあえず自分の認識を述べると次のようになる。たぶん色々と間違ってると思うが。

今ある教科書の内容は「統計モデルの理論」であり、本来統計学でやりたかったこと、あるいは統計学を学びたい人の動機とは大きくずれていると思う。もちろんモデルを知ることは大事だし、そこで得られる定理を元に統計的処理を行おうというのは、そうせざるを得なかったという意味で意義のあることだと思う。

じゃあ本当にやりたかったことは何かというと、統計学者は与えられたデータから色々とモデルを作るわけだけど、そのモデル自体の評価ができなかった。もっともらしい(正しいとは言ってない)モデルを選ぶために、何らかの客観的基準を与えることが、統計学でやりたいことだった。

最近、それもここ数年でようやく道具が揃い始めて、色々と計算ができるようになってきた。理論的に難しい部分もあり簡単なことではないと思うが、これからの「統計」では、こういった部分の解説に主眼を置いてはくれまいか。

という個人的希望

これからの「統計」の話をしよう

というか誰かして

自分は酔い止めで大人2錠のやつを1錠だけ飲んでやってる。週一回やるかやらないか程度だから可能な方法だけど。

人類史的な数学概念の初出は、骨に刻まれた線らしい。何かを数えたものだとすれば、数学という言葉は、その起源を想起させる、趣深いものだと言える。

mathematicsの語源は$\mu\alpha\theta\eta\acute\mu\alpha\tau\alpha$で「学ぶべきもの」という語義だそうだ。

では「数学」という言葉の初出はどこなのだろうか。思いつく類語として、算術とか算法とか、算額、珠算などは江戸時代にもあったっぽい。

和算という呼び方は明治時代に入ってからで、おそらく西洋から入ってきた洋算との対比で用いられたのだろう。

はっきりとしているのは、文科省の資料で、明治五年の学制においては、既に下等中学の教科として「数学」が挙げられている。

mext.go.jp/b_menu/hakusho/html

年始にノートを変えたがリングノートも悪くない。持って開くのは難しいが、置いて開いてこそ真価が発揮される。

表示名 boosted

超関数を一貫性をもって数学的に扱うのは簡単ではありません。膨大な理論が存在します。

よく使われるSchwarzの超関数や佐藤超函数は良い性質を持った積が定義できません。例えば
$\delta(x)^2$もうまく定義できないので存在しません。

ja.wikipedia.org/wiki/シュワルツ超函数

乗法の問題を解決した理論としてColombeau代数があります。en.wikipedia.org/wiki/Colombea

Colombeau代数の問題点として、一般の連続関数を連続関数として演算してから汎関数としてみたものと、汎関数と思って演算したものとでは、演算結果が一致しないということがあります。

五美大展の案内が話題になっているらしい。確かに一見して雑いが、大学名と分野が円形に並んでいて順序がなく、また色が少なく線も細いので過去と比較して「圧倒的に」視認性が優れていると言えなくもない。とはいえ卒業制作という一応フォーマルな場にデザインが合わなかったという話だろう。もっとも炎上狙いの広告であれば見事に成功しているとも捉えられる。

と、知ったか風な適当なことを述べつつ……

デザインといえば、数学にもデザインという分野がある。例えば前期のアニメ、ゾンビランドサガでは7名のキャラクターが登場する。彼女()達は全員アイドルなのだが、3人ごとのブロマイド写真を撮りたいとする。ただしファンは全員百合厨なので、任意の2名が少なくとも一回は同時に写っていないと満足しない。(掛け算の順序は考えないものとする。)最低何回撮影する必要があるか?

デザインもといブロックデザイン、あるいは代数的組合せ論とは、このような問題の解を議論していく。次回のブログはこの内容の予定。

表示名 boosted

メンテナンス終わりました。

ついに最新安定版 v2.6.5 まで追いつきました!

表示名 boosted

最近ブラウザが重くてストレスだったが、先読みを無効にしたら快適になった。更新と同時だったのでブラウザのバグだったかもしれないが

今年は(有限)群論を頑張ろうかなと思って正月から色々漁ってます。一応今はデザイン等の結合幾何あたりを勉強中。これが検索し辛いんだよなーまったく。

表示名 boosted

ふぅ v2.5.0 から v2.5.2

github.com/tootsuite/mastodon/

- federation relay という semi-centralized server なシステムができるらしい。
- UI変更
- bin/tootctl という CLI が!

** v2.5.1, v2.5.2
⚠️ Vulnerability patch ⚠️

もっとも自然数などの組合せ論的な等式が好きな自分としては、数そのものが何かを訴えているとも思いたいですが。

一つ一つの数字に意味は薄いというか、その数が得られる過程に大きな意義があると個人的には思います。

Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.