Иagi is a user on mathtod.online. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

Иagi @nagieptmath@mathtod.online

Иagi boosted

ココに書けるネタらしいのが全然出来ないので暫くROMってたけど漸くネタができた(とは云へ誰も喜ばないけど)。
ちょっと前にLTLで何方かが触れた《定義の記号》、$\LaTeX$ を作ったLamport先生は「$\triangleq$」をお使ひの様子。これを知ったからと云うて態々自分なりの流儀を変へることもないでせうけど。

Иagi boosted

$\color{red}{色}\color{orange}{付}\color{yellow}{け}\color{green}{れ}\color{lightblue}{る}\color{blue}{の}\color{purple}{か}$知らなかった。

背景色変えられないかな。

Иagi boosted

Mozilla Thunderbirdだと普通にメールで$\LaTeX$の数式が書けることをさっき知った

Иagi boosted
Иagi boosted

やっぱ興奮するわ数学

Иagi boosted

仕事中にふと$\pi$のことで頭がいっパイになって(仕事しろ)、ちょっと調べてたら面白いの見つけた

もう円周率で悩まない!πの求め方10選
procrasist.com/entry/pi_1

Иagi boosted

$2017$ の次の素数は $2027$ です。その次は $2029$ なので、これらは双子素数です。
素数っぽく見える $2021$ は合成数です。覚えてしまえばお終いですが、$2025=45^2$ が平方数である事を押さえると$$2021=45^2-2^2=(45+2)(45-2)=47\times 43$$が導けます。
次いでに、$2023$ は $023-2=21$ が $7$ の倍数なので$$2023=7\times 289=7\times 17^2$$と、私なら導きますかね。
以上、書き納めでした。それでは良いお年を。

Иagi boosted

2018を素因数分解すると
$$2018=2\times1009$$
1009を「センキュー」(thank you)と読んで、何事も2度感謝するような年にしましょう

Иagi boosted

$$
B_n = \left( \begin{array}{ccccccc} 0&1&0&0&\ldots&0&0\\ 1&0&1&0&\ldots&0&0\\ 0&1&0&1&\ldots&0&0\\ 0&0&1&0&\ldots&0&0\\ \vdots&\vdots&\vdots&\vdots&\ddots&\vdots&\vdots\\ 0&0&0&0&\ldots&0&1\\ 0&0&0&0&\ldots&1&0 \end{array} \right)
$$
として
$\frac{1}{2}B_n$はランダムウォーク的にはtransient stateからなる行列で、このとき$E_n -\frac{1}{2}B_n $が逆行列を持つ。

この逆行列を使うと、あるtransient stateからスタートした場合にどんな確率でどのrecurrent stateで終わるのかとか計算できる。(まぁこれが求まることは境界条件付きの固有関数が求められる、ということと同じなわけだけど・・・。)

Иagi boosted

Sagemath/Cocalc のイントロみたいなものを書きました:
cocalc.com/share/035377df-f9bd
「数学とコンピュータ」というアドベントカレンダー(↓)への寄稿です.
qiita.com/advent-calendar/2017
この時期はいろんな記事が見られて楽しいですね.いろんな時候の催しにあわせてアドベントカレンダーができたらいいかも :)

Иagi boosted

多くの高校生、相乗平均を「相加平均・相乗平均の関係のため"だけ"に存在するもの」と思ってる説

Иagi boosted

備忘録:古い$\mathrm{\LaTeX}$の入った研究室のMacでヒラギノ角ゴシックを使えるようになった方法。
% cd /usr/local/share/texmf/fonts/opentype
% sudo ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴシック\ W3.ttc HiraKakuPro-W3.otf
% sudo ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴシック\ W6.ttc HiraKakuPro-W6.otf
% sudo ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝\ ProN\ W3.ttc HiraMinPro-W3.otf
% sudo ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラギノ明朝\ ProN\ W6.ttc HiraMinPro-W6.otf

Иagi boosted

夏の満月が高くまで昇らないことと、冬の満月が高く昇ることの説明
mathtod.online/media/b-c08728g

Иagi boosted

若いときには、自分が学んだ普通の数学が他分野で役に立たないかように感じていて、就職した直後には「数学は役に立たないが価値がある」などと強調するひどい誤りを犯していた。

「役に立たない」と感じていたのは、単に自分自身が数学について無知無能無教養だったから。

「数学の中の役に立つかどうかわからない部分も含めて価値がある」ということは正しいと思うが、役に立ちそうもない数学について「役に立たないだろう」と言ってしまうことは恐ろしいことであり、避けた方がよいことを学んだ。

Иagi boosted

$111111111^{2}=12345678987654321$ 久しぶりに見ると数学の不思議さを感じる.

Иagi boosted

行列の掛け算ができる電卓とかないですかね?スマホアプリで作ったら人気出ませんかね?

自動でべき乗とか逆行列とか固有値とか計算してくれるやつ。

複素数$z$は極形式で$z=re^{i\theta}$
まだ複素数について習ってないけど覚えておこう

Иagi boosted

バ先の高校生に複素数聞かれたから色々解いてたんだけど、いちいち$$z=r(\cos\theta+i\sin\theta)$$って書くのめんどくさい(我儘)

Иagi boosted

どうして高校数学は複素数$z$は極形式で$$z=re^{i\theta}$$って書けることを教えないんだろう、、、こっちの方が絶対わかりやすいしいいと思うのに