ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ、今日までkindle半額なので購入しました。CPUの創り方のTD4をSystem verilog+FPGAで実装する予定。あわよくばnand2tetrisもSystem verilogでやりたいが。

できなかった。最初の数字だけインクリメントされた。:substitution///gでやる選択肢もあるけどマッチした値を数値に変換して加算ってできるのか…?

Show thread

でも一応期待している動きにはなるのかな…?
Not(in=in[0], out=out[0])をヤンクして貼り付けてインクリメントしたいので、qqyypVg<C-a>q14@qで、いけるかな。後でためそう

時間無くて試せなかったけど、ビジュアルモードでg<C-a>もあるみたい。だけどドキュメントの記述は連番を作るときの動きなんだよなあ…

vim-jp.org/vimdoc-ja/change.ht

vimのインクリメント<C-a>とデクリメント<C-x>をある一行の数字にすべて適用したいときってどうやるんだろ。マクロで目押しするしかないのかなあ

US配列のHHKB買ってからUS配列じゃないとやる気が出ない体になってしまった…

明日天皇誕生日で休みじゃん!!天皇陛下万歳!!!

「CPUの創り方」のChapter4-2でクロック回路やるんだけど、バイポーラコンデンサ前提でクロック回路の理解をしようとしていたので「???」となっていたけど章末に無極性電解コンデンサで実装しますって書いてあって無事死亡した…。読み直して解釈しなおしだあ…。

ありがとございます。おっしゃることを自分で真理値表を書いて解釈しているのですが、なんか迷路に迷い込んでいる気がします。「だから、$\lor$」「だから、$\land$」の部分がよくわかっていないです。

$A\wedge\neg S$は「$S$が0なら$A$」だけじゃなくて「$S$が1なら0」も持ってる。

$( A \land \lnot S) \leftrightarrow (( \lnot S \to A ) \lor ( S \to \lnot ( A \land \lnot S)))$

---

$\neg S\rightarrow A$は「$S$が0なら$A$」だけじゃなくて「$S$が1なら1」も持ってる。

$(\lnot S \to A ) \leftrightarrow ((\lnot S \to A) \lor ( S \to ( \lnot S \to A )))$

ちょっと論理学お詳しい方に伺いたいです。。Multiplexerの論理式を勉強していて、論理式が$(A\land \lnot S) \lor (B \land S)$なのは把握しているのですが、「$S$が$0$なら$A$」、「$S$が$1$なら$B$」を出力するのであれば含意で表現できるのでは思い$(\lnot S \to A) \lor (S \to B)$としたのですが、$(S \lor A) \lor (\lnot S \land B)$となり、真理値表が合わなくなりました。含意で表現できないのがなんでなのかがわからないです。。

M1チップのMacbook Airが仕事場に転がっているので数時間触ったがRAM 8GBでもさくさくすぎるから真面目に個人用として欲しい

電子回路のマトリクス方式やっと理解した…CPUの創り方のマトリクスの説明だとプルアップの電源が書いてなかったから混乱していた

アラサーのせいか同期が皆筋トレし始めた

32bitのソフトウェアをを64bit命令に変換するのはフラグ立てればそんなに難しくなさそうだとは思うけど、そもそも64bitのバイナリにしてくれたら速そうではある

@uy 質問に答える前にまず根本的に CPU の命令設計に対する誤解があるような気がします。64-bit を 1 word とする CPU が 1 word の命令長の命令列を実行するのにわざわざ 0.5 word の命令 2 つと解釈して処理する、みたいなことは普通ないと思いますが……。

3DプリンタのシルバーのPLAフィラメント買って試しに印刷してみたんだけどメタリック感が意外とある!(積層ピッチ0.6mm,215℃)

知り合いが電子工作沼に引きずり込もうとしている気がしてならん

Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.