数学のモチベが下がっているので図書館ぶらぶらして雑誌見てたら某マッチングアプリのあのめっちゃかわいい子の名前が判明してしまった。。

$y=a^x$の対数を取ると、$0<a<1$のときに単調減少関数だから傾きが$1$に合わせられないような…。だから$a>1$の方がしっくりくる

iPad Proほしいほしいって散々言っていたけど、いまあるGoogle Pixel Slate i5で十分な気がしてきた。。ターミナル使えるし、Jetbrains IDEも使えるし...

ポケモンユナイトあくびじたばたカビゴンが強すぎる。。気合いもうこうビスケットビルド。

復習がてらひたすら三角関数の証明を書いていた。。

左右の親指で呼び出せるため、一旦はcommandキーで妥協することにした。

Alfred AppのSnippet機能のHotkeyをMacのCtrlキーに割り当ててバキバキ使っているんだけど、左の小指で連打しすぎて疲れるから「かな」キーとかでも起動できるようにしたいんだけど...どうやるんだろう

ブブンブンスウブンカイ、語呂は好きだけど苦手

双曲線関数って何に使うんじゃと思っていたけどシグモイド関数を$\tanh x$で表せるのね。

論理式をちゃんした書き方は基礎論を学べば分かる

ただ、こういった意味を伴う「論理式」は本質的に日常言語(日本語や英語)の略記と変わらないので、s.t.も補助的な要素でしかない

どちらかといえば、論理式の書き方よりも、極限なら極限の定義がどういうものかをちゃんと理解するのが大事

この場合、$\exists$が$n$にも掛かってるのか?その場合限量子だけの命題になるけど存在するのか?それと含意って繋げていいのか?と一瞬面食らいました。

$\varepsilon$-$N$論法で参考にしたサイトで
$\forall \varepsilon>0,\exists N \geq 0,n \geq N \Rightarrow |a_n - \alpha| < \varepsilon$って書いてあって$s.t$とかないから一瞬戸惑った。
$\forall \varepsilon\in \mathbb{R^+},\exists N \in \mathbb{N}(N \geq 0)(n \geq N \Rightarrow |a_n - \alpha| < \varepsilon)\Rightarrow \lim_{n \to \infty}a_n=\alpha$
って書いたほうがよさそうな気がしたんですけど、論理式あってますか...?

mathlandscape.com/eps-n/

なんか結城浩のプログラマの数学でこんな論理パズルの話なかったっけ、パリティの話だっけか。

今年の抱負
1.年度末までに大学教養レベルの線形代数と微積分をしっかりやる
2.新年度からの社会人院生生活を生き延びる
3.できれば統計検定一級取りたい

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

名古屋って基本的に地下鉄汚い(東京との比較)。

シリアル通信、SPIは配線が大変だけど通信速度が速い、UARTとI2Cは配線が(まだ)楽だけどちょっと遅いくらいのイメージなんだろうか。

数学に戻ってきた。

自然数の和と積は自然数について、差については整数、商については有理数に閉じているけど、極限取ると無理数(実数)まで拡張する必要があるのね。

Show older
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.