ぐおおお…n人に1からnまでの番号を付けてを二人ずつ取り除いて最後に残った人の番号求める漸化式を巡回ビットシフトで解くやり方と格闘したぞおお…

電子回路のテキストに非常に多くて憤っていたが、プルアップの説明で出力側になんらかの抵抗があることを仮定していないことが多すぎる...。出力側の抵抗を0Ωにしたら分流する可能性がありプルアップの意味ないと思われるのに自明にしないでほしい...

自然演繹法書きづらいし横に書いたらええやんってなったから萎えてしまった

直積(というか順序対)と存在限量子を使って定義域と値域を定義するのややこしすぎわろた もともも意味は知ってたしこの定義も理解したけどなんでこんなややこしく定義すんねん…

翻訳書の見ても英語の原書の該当箇所みても同じこと書いてあるからtypoじゃないと思うんだけど納得できん

$\LaTeX$で少しずつ数式書けるようになってきてなんだか楽しい!!写像の基礎やってる!!

このテキストで使われている合成写像の記号って$\phi \circ \varphi$なのか$\psi \circ \varphi$なのか調べてもわからん。phiなのかpsiなのかはたまた他のギリシャ文字なのか違うLatexのバージョンだからなのか。その両者あって$a$なのかaなのか的な書き方の違いだけなのかな。偉い人教えてください

命題論理のならばを復習してるけどわかったようなわからんような...真理値表はすらすら書けるけど未だによくわからん

この離散数学の本まじでおもしろいんだけどリアルの知り合いに勧められる人がいないのでここでシェアしたい。。

ネイピア数と指数関数の復習した
y=1/xを[1,x]で定積分すると分母に0が来るので計算ができない。そこでとりあえず面積を1としてxを求めて極限を取るとx=2.718281...=e^1 になる。

より一般に、y=1/xの[1,x]の面積をyとして同じようにxを求めるとx=e^y(指数関数)

Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.