大部分は決定性文脈自由言語のせい

Show thread

Muller-Schuppの定理の解説pdf,既に前提知識パート(書き換え系+形式言語理論)だけで40ページ書いていて,いまだに本題に入れていないので今年中に完成するか怪しくなってきた(第一部が書けたらとりあえず公開する気ではいる)

決定性プッシュダウンオートマトンまわりのおあれこれ,思っていた以上にめちゃくちゃ煩雑でめんどくさい……普通の非決定性PDAよりも考慮しないといけないことが多くて大変.

WSLのシェルをbashからfishに変えてみた.補完が利くだけでもだいぶ作業がしやすい

ひたすら自由群の性質をまとめた辞書みたいな本がほしい.既に誰か書いてたりしないかな

すうがく徒のつどい@オンライン,そろそろ何を話すかを決めないと.有限生成無限単純群の構成でもしようかな(難易度感がこれでいいのかわからないけど)

空文字列を表すのにλを使うことがあるのはなんでだろうと思っていたけど,どうやらドイツ語のleerから来ているらしい: cs.stackexchange.com/questions

あけましておめでとうございます.本年もよろしくお願い致します.

なんとかぎりぎり年内にDiekert-Weißの論文読み終わったウオー
pdfは年明けに書きます

数学のレポート・定期試験における部分点は(少なくとも大学以降では)悪い文明なので滅ぼした方がよい(「わかってなくても何かそれっぽい意味不明なことを書いて部分点を狙う」という姑息な手法が最適解になってしまい,採点者の負担が無限に増加するため).
部分点の導入は理解度を過大評価してしまうという問題もある:「部分点を半分もらったから半分くらい理解できている」は明らかに正しくない.むしろ「でたらめで的外れな回答には負の得点を与える」というレギュレーションにした方が「わからない問題は白紙回答にする」が最適戦略になるのでよい.(ただし,ここではもちろん「救済措置」の側面は無視している)

形式言語理論,既存の定義と等価なオートマトン概念が濫造されがち(やめてほしい)

@cmplstofB すみません,リプライに今気付きました.まず,これは引用ではなくて私が証明したことで(とくに英語で書いた意味はないです),誰も言及していないというのは世界で誰も言及していない(先行研究がなさそう)という意味です(少なくとも私が調べた範囲では).

Mathematical Logic Advent Calendar 2020,書くネタがないのでGromovの多項式増大度定理と超準解析の話を勉強しようかな

"The word problem of a group G is a star-free language if and only if G is the trivial group",簡単にも関わらず誰も言及してない(はず)なのなんでなんだ(誰も興味がないだけ?)

面白そう,読もうかな
Computation with Finitely Presented Groups: cup.org/37ONApl

有限表示群の諸々(例えば2つの語が等しくないことの証明など),代数の本だとかなり曖昧に済まされていることが多いけど,文字列書き換え系(String Rewriting System; SRS)の言葉を使ってまとめるとすっきりしそうだという予感がある(のでそのうち書きたい)

pregroup,Stallingsのやつとpregroup grammerのやつと2種類あって紛らわしいな…….Stallingsのやつはpartial groupとかにしとけばよかったのではという気がするけど

数学における「~において」の用法,「空間Xの点xにおいて」なんかはわりと自然に感じるんだけど,「集合Aの元aにおいて」「群Gの元gにおいて」みたいな,通常は幾何的なイメージがあまりないものに使われるとめっちゃ違和感がある(が,実際にこう表記する人は結構いる気がしている)

というより内部半直積とか分裂する短完全列を考えればそのように見ることができるのは当たり前ではある

Show thread
Show more
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.