yoriyuki is a user on mathtod.online. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

yoriyuki @yoriyuki@mathtod.online

ワンタイムパッドを使った暗号の安全性は証明されている…があまり実用的でない上、使う乱数が本当に乱数かの証明の問題がでてくるんだろうな。

計算量的な安全性の証明はP=NP?に引っかかって絶対的な証明はできていない。

色々仮定を置いてなら、なんらかの証明を与えるのが暗号を提案するときにはもはや普通。

GPUマシンもセキュリティを再チェックしないといけないのだが…忙しい。

今日は職場にiMac Proが届いたので、これからこれでガリガリ計算する。セットアップしなくちゃだけど。

正規数と正規言語の関係面白そう。

真のランダム列なら成り立つけど、円周率は真のランダム列ではないので。

円周率の十進展開に0-9からなる任意の長さの任意の有限列が含まれる、て話、予想はされてるけど証明はされてない、くらいのステータスだったっけ。

ただ、シェアするのにpublicにする必要があって、ちょっと微妙な気がする。サーチエンジンとかに引っかからなければまあいいんだけど。

今日はAzure notebook良さげと思った1日だった。

型がわからない連中は何をやってもだめ。冗談です。

Scalaはある程度そういう用途に使えそうだけど、型システム複雑だしなあ。まあOCamlもそれなりに複雑だけども。

本当はOCamlとかで機械学習とかシミュレーションとかやりたいよねえ。動的型付けだと走らせてからでないとつまらないバグも取れないので苦労する。

プログラミング言語OCaml用のユニコードライブラリCamomileを開発しているわけだけど、ver1.0に向けた作業が色々な方の助けを借りて少しづつ進んでいる。現状では、ユニコードver10.0.0のデータを読み込んでコンパイルする部分が完成したことと、あと大きな変更としてライブラリを複数のパッケージに分割する決意をして、グループを立ち上げたこと。github.com/ocaml-camomile/camo はすでにちょっと作ってあってコンパイルはできる。前も似たようなことを言っていた気がするけど、貢献してもらえるとやる気が出て続くかも。

倉田氏の言う中間サイズの物質的対象とは「椅子」「ボーイング787」「ハチ公像」といった日常に現れるもののことです。これらの対象は物質でできているとしか言いようがありませんが、単なる物質の塊ではなく、それが一定の形をもったり機能を果たしたりすることによって存在します。ただし、ここでの存在はNTTの実験が言及している(観測者と独立に)「実在」していることとは違います。例えば、作品としての「ハチ公像」は、それを作った人や鑑賞する人に存在を依存していると言うこともできますが、何かに依存して存在しているものは、依然として存在しています。

とはいえ、中間サイズの物質的対象も究極的には量子力学に従うはずなので、量子力学とどう繋がるかは面白い問題なのですが、あまり議論はされてないんじゃないかな。

yoriyuki boosted

倉田剛「現代存在論講義」を読んでいた。最後に虚構的存在者(例えばシャーロックホームズとか)の人工物説というのが紹介されているけど、数学の人工物説というのは成り立つだろうか。大抵の数学者は数学的対象は人間とは独立に存在するものであると思っているけど、あるコミュニティでそう思われているからといって、それが事実であるとは限らない。利点のあるなら素朴な立場を変更して良いと思う。一番難しいのは、数学的事実はあらかじめ決まっている(ゴールドバッハの予想は成り立つか成り立たないかのどちらかである)と思われていることで、まあこれも放棄しても良いけど、それは改訂主義になって今の数学の解釈としては行き過ぎのような気がする。人工物だけど、自然法則に従わなくてはいけないのである決まった規則に従う、というのが自転車のような具体的なものにはありえるけど、数学のような抽象的存在者でもそのようなことはあるのだろうか。人間の思考可能性とかコミュニケーション可能性とかはありえるかもしれないけど、数学的事実の一意性を定めるのに十分だろうか?

shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/boo

表現論は老後の楽しみに(やらないというフラグ)同様に集合論も老後の楽しみなんだった。

表現論とかやりたかったなあとちょっと思い出した。$\mathrm{GL}(n)$とか考えるとかっこいいですよね。なぜかわからないけど。最近はそこから何がわかるか、ばかり考えていて、純粋に好奇心であれこれ考えることがなくなった気がする。多分よくない。

数学とか哲学とか、専門的だと思われがちな話を面白く一般の人に伝えるような仕事なり、場なりがあればいいなと思ったけど、いろいろ試みはされているんだよなあ。

一年100%何もしたくない。

yoriyuki boosted

mathtod.online/@hatsugai/11592
まだです! まだ1/6は終わってないです!!

今年の 8/49 は終了しました。 time-flies.herokuapp.com