定規とコンパスで作図する問題だと四則演算と2乗根が許容範囲だけど、
折り紙だと整数係数3次方程式の解まで許容範囲だから、$x^3+x^2-2x-1=0$の解$\cos(2\pi /7)$が作れて、従って正7角形もできる
・・・って感じだった気がする

Follow

もっと正確には、
折り紙では、2点$a,b$と2直線$l,m$に対して、$a$を$l$に重ね、$b$を$m$に重ねる折り方を考えることができて、これは2つの放物線の共通接線を求めるのと同じで、3次方程式を解く操作とも同じ(らしい)
たしかに、2つの放物線の共通接線は、場合によっては3通りある。

Sign in to participate in the conversation
Mathtodon

A Mastodon instance named Mathtodon, where you can post toots with beautiful mathematical formulae in TeX/LaTeX style.